2018年08月22日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

コーティング剤のアレルギーとチェック方法

金属アレルギーの人も多いのですが、そういう人たちはジュエリーを身につけたりする時にも相当気を使っていたりするものです。
もっと気兼ねなくジュエリーを身につけたり、または仕事などで何か金属に触れたりするときでも安心できるようにという事で何かないかと探したりする事もあるでしょう。

ピアスジュエリー用のアレルギーを予防するコーティング剤などもありますので、それを使ってみたいと思う事もあるかもしれません。
コーティング剤を塗ることで金属のアレルゲンを抑えてくれるとイメージすると分かりやすいです。
ピアスやイヤリングなど、憧れのジュエリーを身につけたいと思っていた人には朗報です。
使えるものと使えないものがありますので、どんな部分に使えるのか、またはジュエリーと言っても何が駄目で、どこまで使えるのかは良く確認しておきましょう。
長いチェーンや時計などには使えないこともありますので注意しましょう。

金属アレルギーを起こしやすいのは特にピアスです。
耳などの部位に穴を空けて金属が触れるので余計にアレルゲンとなりやすいのです。
元々アレルギー体質だという場合にはピアス穴を開ける前に病院でアレルゲンの検査をして自分が大丈夫なのかチェックをしておくと安心です。
もしも反応があったとしても、病院と相談しながらコーティング剤も上手く利用してどれぐらいの時間身につけても大丈夫なのか確認すると良いでしょう。

また、コーティング剤も一度塗ればそれでいいわけではありません。
長く身につけていく中でまた塗装が剥がれたりすると、そこからまたアレルギーが発生する可能性もありますので、利用する時には使い方なども注意して、何か症状がでればすぐに病院に行って相談をしましょう。

関連記事はこちら

  • せきたんに効く薬
    2018.12.17

    アレルギーで突然のせきたんに効く薬

    誰でも体験していることではないのですが、アレルギーは大人になってからでも小さい子供のうちからでも発見できることもたくさんあります。 また、小さいころにはアレルギーがまだ分からなくて、たくさんの食べ物を食べさせている人が多いのですが、一気に食べさせてしまうとなんの食べ物のアレルギーなのかが理解できな...

  • 麦茶
    2018.10.31

    小児アレルギーと麦茶アレルギー

    小児のアレルギーの原因として多いものは卵、乳ですが、重篤なものとして小麦、そば、落花生があり、かにやえびも比較的多い原因物質です。 以前は成人に多かった花粉症も小児で発症することも増えてきました。 花粉症の中でも小児に増えているのはイネ科植物の花粉による花粉症です。 イネ科植物は、カモガヤ、ア...

  • レストラン
    2018.09.21

    アレルギー性紫斑病とレストランで注意するアレルギー

    アレルギー紫斑病は、全身の毛細血管が炎症を起こし皮膚の下で内出血を起こす症状です。 マイコプラズマ肺炎などの細菌感染、水ぼうそうやはしかなどのウイルス感染によって引き起こされる場合もあります。 症状としては赤紫色の、不定形な斑模様のような発疹が皮膚、特に足や足首などの下腿にあらわれるのが特徴です...