2018年09月21日更新
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード

アレルギー性紫斑病とレストランで注意するアレルギー

アレルギー紫斑病は、全身の毛細血管が炎症を起こし皮膚の下で内出血を起こす症状です。
マイコプラズマ肺炎などの細菌感染、水ぼうそうやはしかなどのウイルス感染によって引き起こされる場合もあります。
症状としては赤紫色の、不定形な斑模様のような発疹が皮膚、特に足や足首などの下腿にあらわれるのが特徴です。
また腹痛や関節痛が引き起こされる場合もあり、内出血を起こしている部位によっては血便、血尿が出てくる可能性もあります。
そのまま症状が進行すると、稀に腎炎や腸重積症と言った重篤な合併症が引き起こされることもあるので、症状がおさまった後にも注意が必要です。
成人に見られることはほとんどなく、患者のほとんど15歳以下の子供で、特に2歳から10歳にかけての児童がかかりやすい症状です。

アレルギーが原因の場合は、食物や薬剤、虫に刺されことによるアレルギー反応が引き金となって出てきます。
アレルギーの有無からして明らかになっていないと言う場合は、まずはその有無、及び何が危険なのかを病院で調べてもらうことが必要です。

レストラン食物アレルギーが明らかになった場合は、紫斑病を防ぐことは勿論、命の危機に直結するおそれも高いアナフィラキシーを防ぐためにも、食事に対しての細心の注意が求められます。
レストランで食事をする場合にもこれは同様です。
現在では、レストランでも、アレルギーを持った人に対する配慮がなされたメニューは多数、用意されています。
ただしアレルギー表示が義務付けられている7つの主要食材、卵や小麦、エビ、カニなどのみに対する配慮がほとんどです。
それよりもう少し配慮が進んでいたとしても、推奨品目の20食材、ゼラチンや大豆、オレンジなどで終了していることが多いです。
つまりそれ以外の食材にアレルギーを持っていた場合には、自分でひとつひとつ確認をすることが求められます。

関連記事はこちら

  • アレルギーで熱が出た女性
    2019.04.11

    アレルギーで熱が出た場合の応急処置

    アレルギーによって発熱することはしばしあります。 特に子供の花粉症は発熱を伴っていることが多く、高熱が出るわけではありませんが、微熱が長い時間続いていくことが多いとされています。 とりわけ赤ちゃんや幼児などは体調が悪いわけではないのに普段より高めの熱が続くことがあります。 風邪の症状と見分けが...

  • 青魚
    2019.02.11

    アレルギーの検査項目と青魚アレルギー

    アレルギーは、免疫という体に本来備わっている異物を排除するシステムがある特定の異物(アレルゲン)に対して過剰に反応することにより起こります。 その中心はIgE抗体といい、アレルギー症状を示すアレルゲンに特異的なIgE量は高い傾向にあります。 アレルギーの検査法としては、血液中の特定アレルゲンに対...

  • せきたんに効く薬
    2018.12.17

    アレルギーで突然のせきたんに効く薬

    誰でも体験していることではないのですが、アレルギーは大人になってからでも小さい子供のうちからでも発見できることもたくさんあります。 また、小さいころにはアレルギーがまだ分からなくて、たくさんの食べ物を食べさせている人が多いのですが、一気に食べさせてしまうとなんの食べ物のアレルギーなのかが理解できな...